2008-09-22

ターシャ・テューダー展に行ってきました

全世界に熱狂的なファンを持つ、Tasha Tudorさんをしのぶ(そうなんです、日本での展覧会が開かれた矢先に永眠されてしまいました)展覧会を見に行ってきました。
思い入れを持って、一つ一つの品、言葉、絵本の原画を見ることができ、また平坦ではなかった彼女の生涯を垣間見ることができて、とても感慨深いものがありました。
この展覧会、大阪の後も西日本を回るようですので、見逃した方はぜひ追っかけられることをお勧めします。
終了済み:
 東京3月、岩手4月、福岡6月、大分6・7月、沖縄7月、東京8月
現在開催中:
 大阪 心斎橋大丸 9/17~9/29
今後の開催予定:
 高知11月、徳島1月、広島1・2月、名古屋3月

さらに薄いキーボードの登場

以前、「キーボードあるいは、ノートPCの本体は薄い方が良い」という記事を書きましたが、それ以来自宅で使っているキーボードはサンワサプライの薄型コンパクトキーボードSKB-SL09BKです。
MacとPC(あるいはPCとPC、MacとMac)で切り替えて使いたいので、Bluetoothはペアリングをやり直さないといけないので不可としています。
そういう意味でマウスもBluetoothにしていません。

さて今度、ロジクール (Logicool、Logitech) からイルミネートキーボード CZ-900というのが出るそうです。
薄くて、キーボードバックライト付き、キースイッチにもひと工夫あるようで、全部入り的なところがとてもよさそうです。
ただ一点、フルキーボードなので面積が大きすぎますが、上記美点がどれだけ勝るか、現物を早く見てみたいものです。
Apple Keyboard アルミ (Apple Wireless Keyboard アルミは非常にコンパクトでとても良いのですが、Bluetoothなので残念ながら不合格です) とても薄くて良いのですが、フルキーボードなところを敬遠していたところを、CZ-900のおかげで見直すべきかもしれません。
ただ、アルミの方にキーボードバックライトがあればなあ、と思っていたのをロジクールに先取りされてしまった感があります。

2008-09-15

iPhone OS 2.1の日本語入力はますます頑張っている

iPhone OS (iPod touch, OS X iPhone) のバージョン2.1 (firmware 2.1) の日本語機能は驚くほど着実に進化しています。
スピードの問題と、連文節変換(一部で長文変換とか言われていますが、矢印キーがないiPhoneでの連文節変換に関してこんな考察をされている方もいらっしゃいます)の問題が一気に解決されています。
やはり、日本語変換は日本人が開発すべきですね。
細かい突っ込み(ありがたいご指摘)に対しても、とてもきめ細やかに答えてくださっています :)

また、iPod touch 2nd gen は裏が iPhone 3G のようにプラスチックになったらいやだなって思っていましたが、ステンレスはそのままに丸味は新しく、とてもエレガントにまとまっていますね。
[2008-09-15 夕方追記] まだ出荷されてない、かつ店頭にもないんです。

2008-09-14

今日は科学の話題;ハリケーンハンターが13号を調査、宇宙で描いたマーブリング画、ホーキングさんの娘さんの本

読売新聞から興味深い記事を見つけました。