2010-06-01

iPadに遭遇

今日、iPadを見てきました。梅田のヨドバシに、結構たくさん店頭展示されていました。予約するのに時間帯によっては、まだ行列を待つ必要があるんですね(恐ろし)。
  • 重さはiPhoneの6倍 - どう贔屓目に見ても重たすぎ。ずっしり。
  • パフォーマンス体感10倍 - これはもう戻れない。
  • キーボード - すごく速く打てるけれど手のポジションが特殊(ずっと指を浮き上がらせる、腱鞘炎を大量生産するかも)- 本体をしっかり置かないと打てない、立ったままでは絶対に無理。
  • FEPの表示位置は何か訳があるのか? 中途半端に使いにくい - パソコンのように縦に候補を出したら?
  • 滑って落としそう - テーパー(凸レンズ型)が無ければ良いのかも、逆に凹レンズ型とか - 将来きっと改善される。
  • あのパフォーマンスでiPhone/iPod touchなら、もうよだれが出る(AC接続中だけでもフルスピードで動くようになっていて欲しい)。
  • ケースとかギアが必須なのかも(ラバーを巻くとか)。純正のケースはそういう意味でよくできているのかも(現物はまだ見ていない)。
  • キーボードもローマ字入力だけなのは未完成感が強い。これだけのパフォーマンスなら手書き予測入力的な方式や音声入力など新しいことも不可能じゃないはず。
  • iPadじゃないとiWorkを試せないのがくやしい。
  • iBooksは本体の重さもあって、いま一つ感動しなかった(Kindleの軽さは改めて大正解だと思う)。iPhone/iPodでもちゃんとフォーマッティング(A5くらいの紙サイズで)すれば実用的だし(現にiBooksがiPhone OS 4とともにリリースされますよね)。
  • あの重さから、昔のMessage Padや、3kg級のラップトップを思い出した。アメリカンサイズなんだ、まだ。Airバージョン希望!~
  • iMac的構造で強度・重さを多少損していると思う。iPod touch的にすれば強度を稼げるのでは?

1 comment:

  1. 本文をメールMail.appからSafariに直接コピペしたので、不要なStyleが入っていたのに気付いたので、抜きました。くそぉ、有難迷惑・高機能の良し悪し。

    ReplyDelete